新型日産 セレナ ハイウェイスター 試乗 見積もり行ってきました!

スポンサードリンク

こんにちは!最近やっと涼しくなってきて過ごしやすくなりましたね~。

のび太は季節の変わり目には体調を崩しやすいので、気を引き締めております汗

さて、今回はトヨタのボクシー、ノア。ホンダのステップワゴンに並び日本を代表するミニバン セレナの試乗に行って参りました!

フルモデルチェンジしたのは去年の8月と約一年前になりますが、今では他のライバル勢を押しのけて販売台数1位となった大人気ミニバンですね。

あとのび太は知らなかったのですが、今のセレナはガソリンとハイブリッドで分かれているのではなく全車ハイブリッド仕様との事。(どうりで道行くセレナがみんなして青いエンブレム付けてたわけだw)

今回試乗したのは7つあるグレードの内上から2番目に当たるハイウェイスターのⅤセレクションです。


う~ん内装もなかなか上質、上級グレードという事もありミニバンにしては質感高めな印象です。

定番のデカいナビ(9インチ・ディーラーオプション)にプロパイロット(自動運転・メーカーオプション)も付いた至れり尽くせり仕様だったので快適ですね~。

ステアリングで見えてませんが、メーター横にはマルチインフォーメーションディスプレイがあり各種情報やバックカメラの映像が流れたりします。

そんでもって広い!何といっても広いです。さすがミニバン!このハイウェイスターはエアロの関係で3ナンバーになりますが、通常モデルは5ナンバーなのでそれでいてこの広さは快適すぎますなw

シートアレンジも自由自在でセンターコンソールまで後ろに下がるのでウォークスルーも楽々です。

3列目も座ってみましたが全然窮屈さがなく、8人乗りですが大人6,7人なら全然快適な印象です。

試乗車が装備充実なvセレクションだったので、カップホルダーはもちろんシートテーブルやUSB端子が至る所に付いておりました。

写真を見てもらえばわかる通り車両全面に窓がありすこぶる視界が良いです!これはホントに運転しやすかった。

安い画像編集が哀愁を誘いますがあしからず汗

やはりハイウェイスター専用のエアロが目を引きますね~。ミニバンみたいにデカい車だとエアロ付けた時の迫力が一層引き立ちます。

ちなみにバックドアは、ハーフバックドアと言って上半分だけ開けることも出来ます。

ちょっと荷物を取りたいときに重た~いドアを開けずに済むのは楽ですね!


早速試乗!

のび太はミニバンの運転が久しぶりなので緊張しましたが、走りの方はどうなのでしょうか?

セレナのエンジンはDOHC直4の150馬力/6000rpmと先代より5馬力増し程度ですが、モーターのアシストもあって発進はスムーズです。

セレナのハイブリッドシステムはトヨタ車の物とは違い、EVモードを搭載せず発進やアイドリングストップ時の電力供給に特化したものなので、トヨタ車のそれ程燃費には貢献していませんがバッテリーの容量も抑えてあるために重量増も最低限に抑えてあり、価格も低くなっています。

加速もスムーズで、巷で言われていたほどエンジン音も気にならず。ちょっと足がフワフワというか柔い感じはありますがミニバンならこんなもんかなという具合。

路面のギャップを踏んだ時に振動なども伝わっては来ますが、商用車に比べれば乗り心地は良い方です。

ちょっと今回試乗コースが短くてあまり乗れなかったのですが、多人数乗車でゆっくり走る分には至って快適な車という印象です。あ、プロパイロットをオプションで付けるとついてくるブレーキのホールド機能ですがこれは便利でしたね~!

ブレーキを踏み込むとそのままホールドし、発進と共に解除されるシステムですが、発進からのタイムラグも無くスムーズに作動するのは足が疲れなくて助かりますよ!


日産 セレナ ハイウェイスター Ⅴセレクション 見積もり

車両本体価格 2,934,360

メーカーオプション 157,600

付属品価格 366,571

販売諸費用 315,270

支払総額 3,772,801円

となりました。

メーカーオプション内訳は

パール色 43,200

セーフティパック 113,400

(カーテンシールドエアバッグ・カーテンエアバッグ・アラウンドビューモニター・パーキングアシスト等)

です。

付属品内訳は

プレミアムパッケージ 168,499

(ボディコーティング・フロアマット・バイザー・ナンバーフレーム等)

ETCユニット 29,006

ETCセットアップ 2,700

ナビゲーション+取り付けパッケージ 166,366

です。


む~んオプションビジネス!随分高くなっちゃいましたね~汗

最廉価のBであれば本体価格2,316,600円からありますが、相当ドンガラになってしまいますし、同じ敷地にSも置いてあったので見てみたのですが、ハイウェイスターを見た後だとどうしても商用車チックに見えてしまうんですよね~(笑)

あと市場では圧倒的にハイウェイスターの方が人気があるので、最初に費用を掛けた分しっかりリセールには反映される事でしょう。

このクラスになると両側パワースライドドアなんて皆付いてて当たり前だと思っているので、とりあえずハイウェイスターに両側パワースライドドア付けてボディカラーを白か黒にしておけばリセール的にも安パイといえるでしょう!もともと需要のある車種ですしね!

 

いや~今回久しぶりにミニバン乗りましたがやっぱり広い車もいいですね~。

のび太はいつも肩身の狭い車に乗っているので、同じ5ナンバーサイズのセレナが羨ましくなりました。

こんなミニバンに乗せれるような家族がほしいぜ・・(独身貴族謳歌中)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です