アウディA3スポーツバック試乗して来ました!

スポンサードリンク

前回はアウディA1の試乗記事を書きましたが、ついでにアウディA3スポーツバックにも試乗してきましたので今回もお付き合い願います(笑)

初めにA3スポーツバックって入力するの何気にキツイのでこれからはA3(スポーツバック)の事と御認識下さいませ・・・汗

A3になるとÇセグメントというワンランク上のサイズに分類されるので、日本車でいうレクサスCTや、ドイツBMWの1シリーズに相当する社格になります。

サイズは全長4,325ミリ、全幅1,785ミリ、全高1,465ミリとA1より30センチ程伸びた感じです。

このクラスになるとコンパクトなのは変わりないですが、A1よりラジエーターグリルの開口部も大きくなり迫力がかなり増しますね~。いかにも高級車という感じです。

内装の方もA1も中々高級感ありましたが、A3は更に質感も上がり、試乗モデルは本革シートにレザーステリング、そしてアウディ渾身のメーター部分にナビゲーションやフルデジタルメーターなどを搭載するバーチャルコックピットまで搭載するSラインパッケージだった事もあり、フラッグシップに匹敵する程の豪華さでした。

そして何と言ってもマイナーチェンジで追加されたダイナミックターンインディケーター(要するに流れるウインカー)がとにかくかっこいい!!

アウディは元々ライト関連の技術に定評がありますが、のび太はこのLEDの流れるウインカーを初めて見た時「何だこれは!」とそのアウディについていった記憶があります(笑)それくらい衝撃的でしたね~。

早速試乗!

今回乗ったのは1.4リッターの直列4気筒ターボ(122馬力)で、先ほど乗ったA1よりパワーのある分かなり余裕のある走りが出来ます。

乗り心地も凄くよくて、グイグイ飛ばすよりも落ち着いた走りをする方が合っているような快適さですね~

もちろんアクセルを踏み込むとクイックに反応しますし、コーナリングもどっしりと安定して走る事ができました。・・・とまあ毎回似たような事書いてるかもしれませんが、15分そこらの試乗で高速飛ばすような運転もしないとなると得られる情報って限られます・・・汗

しかしバーチャルコックピットいいですね~。メーターも何もモニター化されていて現行ベンツのSクラスのメーターのような先進さが何ともかっこいいです。

試乗終了・・・う~んA1と比べると随分落ち着いた乗り味でした。


アウディA3スポーツバック見積もり

車両本体価格 4,240,000

付属品価格 141,400

付帯サービス価格 84,000

諸費用計 195,680

支払総額 4,661,080円

となりました。

またまたメーカーオプションが本体価格に入っており


ナビゲーションパッケージ 3,500,000

MMIナビゲーション

サウンドシステムなど 


コンビニエンスパッケージ 280,000

オートエアコン

アドバンスドキー

パーキングシステム 

リアビューカメラ 


Sラインパッケージ 320,000

LEDヘッドライト

LEDリアダイナミックターンインディケーター

バーチャルコックピット

レザーステアリング

Sライン専用アルミ、エアロ、スポイラーなど 


ディーラーオプション

フロアマット 32,400

ボディコーティング 70,200

リアガラスフィルム 38,800

と今回はオプション祭りとなってしまいました汗

だってどうしても流れるウインカーとバーチャルコックピット付きがよかったんだもん!

しかーし今回の試乗車は凄かったですね~あれだけ殆どフルオプションの車両を用意しているなんて・・・

ちなみに吊るしの状態なら329万からあるので、諸費用いれても100万ほど安くなりますね(笑)

ちなみにこのA3にもS3というハイパフォーマンスモデルが用意されており、2リッター4気筒ターボの290馬力という素敵仕様でお値段606万からと素敵な内容。

さらに上にはRS3という367馬力オーバー756万の化け物グル・・もう・・やめときましょうか・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です